遺産相続の相談と方法は?

弁護士事務所だけじゃない 相続相談

遺産相続の相談と方法は?

遺産相続と聞いてまず思い浮かべるのは、お金だと思います。
実は相続するものにはお金の他にもこんなものがあります。
たとえば、「土地」「建物」「負の遺産」などです。

相続についての相談は「弁護士」「司法書士」「行政書士」「税理士」などどいった人たちにすることができます。
相談の方法としては、弁護士事務所などに相談したりしますが、相談のみの場合無料で請け負う事務所もあるようですが、その先の実務的なことは費用が生じることになるかと思います。

遺産相続はその性質上、突然事案が発生することも少なくありません。
縁起でもない話ではありますが、事案が発生してから考えるのではなく、可能であれば生前にいろいろとリサーチしておく必要があると思います。
ネットにも来店不要の相談窓口がたくさんあるようです。
事前に相談して、いざという時スムーズに手続きできるようにしておくことが大切です。

相続の種類も3つあるので、そのどれを選ぶかによって手続きの仕方に違いが出てきます。
相続は「単純承認(一番一般的と言われています)」「限定承認(負の財産があるときに適用したりします)」「相続放棄(文字通り全ての相続を放棄することです)」があり、「限定承認」と「相続放棄」は、故人の死を「知った時から(ここは注意)」3ヶ月以内に手続きをする必要があります。
その際「限定承認」は相続人が複数の場合その全員で共同で行うものであり、「相続放棄」は複数の相続人がいても、自分ひとりで放棄するしないを決めることができます。

注意しなければならないのは、この3ヶ月を過ぎると、「単純承認」したものとみなされてしまいます。
また、「相続放棄」は一度行うと取り消すことができません。
いずれにしても、事前に専門家によく相談しておいたほうがよいですね。