相続の際のトラブルの相談は?

弁護士事務所だけじゃない 相続相談

相続の際のトラブルの相談は?

遺産相続は、「遺産争続」とも言われるように多くの場合すんなりいかないいかないものだと思います
なぜ争いが起こるのでしょうか。
それは今まで疎遠にしていた親族同士が、遺産相続の事案が発生した途端、関わらなければならなくなるからだと思います。
特に、故人に子供が数人いたり法定相続人にあたる人物が他にもいる場合は、相続人の人数や続柄で相続の分配が変わってくるからです。
故人が親で、今まで、親の面倒を一人でみてきたという長男や長女、あるいは逆に長男や長女の代わりに面倒をみてきた下の兄弟姉妹にしてみれば、遺産分割の時ばかり出てきて・・・・と不満が募る気持ちもわかります。

そういう時はトラブルを避けるために、専門家に相談することが大事だと思います。
どうせ普段から疎遠にしていたし相続の額もごまかそうとか、きちんとした説明もなしに印鑑を押してもらおうなどとはのちの大きな「相続争い」に発展してしまう可能性が大です。
相続は、故人との続柄や相続人の人数で相続額が変わってきます。
ですので残念ながら、故人の生前だれがどのように面倒を見たかということに関係なく、法律で定められた割合を相続できる取り分のことを「遺留分」といい、一定の相続人に対しての「遺言」があったとしても侵害されることはないとされています。

では、故人の面倒を見てきたものが損するかというと全くそのようになることではなく、ほかの相続人が相続を放棄すれば一定の相続人が故人の財産を相続できます。
その際にトラブルになりやすいのは、どのような相続財産があるかをキチンと把握せずほかの相続人にもうやむやにして手続きを行ってしまう場合などです。
「相続内容」をよく知らなかったと、あとで揉めないようにやはり専門家に相談しながら進めていくのが良いかと思います。