どのような専門家と種類があるでしょう?

弁護士事務所だけじゃない 相続相談

どのような専門家と種類があるでしょう?

一言に、「遺産相続」の「相談」と言っても、手順や工程はたくさんの種類があるようです。
まずは、死亡届ですが、これは家族でできますね。
火葬許可申請書も必要です。
そして、葬儀を済ませたら葬儀に関する領収書の整理をします。
遺言書の有無も確認しましょう。
ここまでは、なんとか自分たちだけで進められそうですね。

ここからの流れは専門家の手助けが必要な場合があります。
まずは、相続人の確認ですね。
相続財産、債務の調査などこれらは税理士さんの仕事になります。
弁護士や司法書士、行政書士でも大丈夫です。
遺産を分割するのも上記の専門家に依頼ができます。

万一、揉め事が起きた場合、揉めている相手と代理人として交渉することができるのは弁護士のみとなります。
遺産分割がうまくいかず、調停などに持ち込まれた場合も弁護士さんの登場です。
その審判に関わることも弁護士の仕事になります。
相続が決まって登記することになったら、司法書士の出番です。
そして、それぞれの相続人に分割された相続財産の相続税の申告は税理士が行います。
このように、それぞれの手続きで専門家が異なりますので、日頃からどのような専門家がいるか気がけて見つけておくのがよいかもしれません。

また、最近は、「生前贈与」というものが増えてきている傾向にあるようです。
相続税の負担を考えて事前に贈与を行うケースがあります。
この場合の専門家は税理士です。
ただし、生前贈与の場合でも相続人が複数いる場合はきちんと話し合って揉め事が起きないようにしなくてはなりません。
せっかく、税金の負担を軽くしても、相続が「争続」になっては故人も浮かばれませんでしょう。
あらゆるケースに備えて専門家の知恵を広く借りることを念頭に置いていたほうが良さそうですね。